【ローマ共同】バイデン米大統領とフランスのマクロン大統領は29日、ローマで会談した。米英豪の安全保障枠組み「AUKUS(オーカス)」創設に伴って仏豪の潜水艦開発計画が破棄されたことで米仏関係が悪化して以降、初の直接対話。バイデン氏は意思疎通が不足していたと釈明し関係修復をアピール、マクロン氏はインド太平洋地域などで協力を強化する考えを表明した。

 バイデン氏は会談冒頭、フランスに代わって米英がオーストラリアの潜水艦開発計画に関与することについて「フランスが承知していると思っていた」と強調し「われわれはまずいことをした。品位を欠いていた」と語った。