バスケットボール女子のアジア・カップは3日、ヨルダンのアンマンで決勝が行われ、世界ランキング8位の日本は同7位の中国に78―73で競り勝ち、史上初の5連覇を達成した。

 日本は序盤からガードの宮崎(ENEOS)を中心に攻撃を展開し、36―39で前半を折り返し。後半は粘り強い守備と、素早い攻守の切り替えからの速攻が光り、オコエ(富士通)のシュートなどで得点を重ね、逆転勝ちした。大会の最優秀選手には赤穂ひ(デンソー)が選ばれた。

 3位決定戦はオーストラリアが88―58と韓国を圧倒した。(共同)