公明党の山口那津男代表は3日、神戸市で街頭演説し、衆院選で立憲民主党中心の新政権が成立した場合、共産党が「限定的な閣外からの協力」をするとした両党の合意を批判した。「部分的につまみ食いで協力すると言っても、国民が安心できるような政権ができるか心もとない」と述べた。

 自民党の岸田文雄総裁と会談した際、分配を重視する経済政策の基本方針が示されたとして「公明党の方向とぴったり合う。新しい日本をつくる、日本再生の挑戦に力を貸してほしい」と訴えた。