ヤクルトが競り勝って同一カード3連戦3連勝とした。1―1の八回にサンタナが勝ち越しの2点打を放ち、九回は青木が一発。3番手の今野が7勝目で、スアレスが来日初セーブ。広島は森下の7回1失点の好投を生かせなかった。