東京都議会に会派を持つ地域政党「都民ファーストの会」代表の荒木千陽都議らが3日、記者会見し、次期衆院選での国政進出に向けた新党「ファーストの会」設立を発表した。荒木氏は自身が代表を務め、党名は都民ファ特別顧問の小池百合子知事と決めたと説明。小池氏に立候補の要請はしていないとした上で「応援や連携などで今後も相談させていただきたい」と述べた。

 衆院選の候補者は今後の公募などを経て決めるとしており、東京の25小選挙区全てで擁立を目指す意向だが、3日時点では未定。「志が同じであれば政党に限らず協議したい」と述べ、個人や他党との連携も示唆した。