【ローマ共同】先進国に新興国を加えた20カ国・地域(G20)の財務相と保健相は29日、ローマで会合を開いた。会合後に共同声明を発表し、途上国への新型コロナウイルスワクチンや医療物資の供給を加速することを確認した。30日に開幕する首脳会議(G20サミット)に報告する。

 共同声明で将来の感染症拡大に備えるため、財務当局と保健当局による作業部会を設置すると明らかにした。会議に日本からは後藤茂之厚生労働相がオンラインで、財務省の神田真人財務官は現地で対面参加した。新型コロナでは、途上国のワクチン接種が大きく遅れ、経済の回復でも先進国との格差が広がった。