関西スーパーマーケットは29日、兵庫県伊丹市で臨時株主総会を開き、阪急阪神百貨店などを運営するエイチ・ツー・オー(H2O)リテイリンググループとの統合案を僅差で可決した。大株主で関西スーパーの買収意向を示す首都圏地盤のスーパー、オーケー(横浜市)は反対を呼び掛けていたが、株主の多くは関西勢同士の統合を選んだ。賛成率は66・68%。可決には出席株主が持つ議決権の3分の2以上の賛成が必要だった。

 オーケーは「真摯に受け止めている。(自社の)提案を取り下げる」とのコメントを発表した。統合案可決でH2Oは傘下に売上高4千億円規模のスーパー連合を持つことになる。