ANAホールディングス(HD)は29日、2025年度末までの5年間で従業員を約9千人削減する計画を発表した。大半が全日本空輸など国内の従業員となる。22年3月期の連結純損益は、従来予想していた35億円の黒字から一転して1千億円の赤字に下方修正した。新型コロナウイルス禍で旅客需要の低迷が長引いており、黒字転換を断念した。追加のコスト削減策を進め、業績の立て直しを急ぐ。

 人員削減はANAブランドの航空事業に従事する地上職や客室乗務員らが対象で、傘下の格安航空会社(LCC)は含まない。25年度末までに約2万9千人とし、20年度末の約3万8千人から2割超減らす。