北朝鮮による拉致被害者横田めぐみさん=失踪当時(13)=が5日に57歳の誕生日を迎えるのを前に、母早紀江さん(85)が2日、川崎市で報道陣の取材に応じ「どうしたら助けてあげられるんだろう、ということばかり考えている。訴え続けていくしかない」と語った。

 めぐみさんは大きな赤ちゃんで、出産に時間がかかった。早紀江さんは「それでも元気で生まれてきた」と振り返る。13歳までの誕生日は、いつもにぎやかで楽しかった。

 拉致された後は「パッと光が取り去られたよう」と早紀江さん。年月が重くのしかかり「誕生日をお祝いしてあげる日が来るんだろうか」との思いが募る。