バンテリン東海クラシック第3日(2日・愛知県三好CC=7300ヤード、パー71)前日2位のチャン・キム(米国)が69で回り、通算12アンダーの201で単独首位に立った。2打差の2位に香妻陣一朗が続いた。前日首位の稲森佑貴、ツアー通算21勝の池田勇太、大槻智春ら5人が9アンダーの3位に並ぶ。

 4打差の8位に19歳の久常涼と賞金ランキングトップの木下稜介。前日2位の小斉平優和は75で13位に後退した。金谷拓実と安本大祐、石川遼らが通算5アンダーの15位につける。(出場65選手=アマ3、晴れ、気温28・7度、西北西の風2・0メートル、無観客)