自民党の岸田文雄総裁は、臨時国会で首相就任後、会期末の14日に衆院を解散する方針を固めた。関係者が2日、明らかにした。衆院選日程は「10月26日公示―11月7日投開票」の見方が政府、与党内で強まった。岸田氏は10月30、31両日にイタリア・ローマで開かれる20カ国・地域首脳会議(G20サミット)に出席する意向。外交日程と選挙期間が重なるため「11月2日公示―14日投開票」の選択肢を残しており近く最終判断する。

 臨時国会は4日召集され、同日中に岸田氏を新首相に指名し、新内閣が発足する。