国民民主党の玉木雄一郎代表は2日、東京都議会に会派を持つ地域政党「都民ファーストの会」と次期衆院選で連携を検討するかどうか問われ「コメントを控える」と否定しなかった。「都民ファの3日の記者会見でどういう方針なのかまず見定めたい」とも述べた。長崎市で記者団の質問に答えた。

 衆院選に向けて都民ファと合流するために国民を解党する可能性については「公約を発表しており、国民として戦う。ただ、どういう形で都民ファが国政に臨むかうかがいたい」と語った。

 関係者によると、都民ファは国政に進出する方針を固め、国民に選挙協力を要請している。国民も応じる構えだ。