【ワシントン共同】バイデン米大統領は1日、連邦議会を訪れ、与党民主党議員に対して成長戦略の柱である2法案の実現へ結束するよう説得した。巨額歳出の規模を巡り党内の路線対立が激化。協議は決裂し、同日中の可決を目指した1兆ドル(約110兆円)規模のインフラ投資法案はこの日も採決できなかった。

 大統領自ら議会に足を運んで要請するのは珍しく、バイデン氏は会合後、記者団に「私たちは成し遂げる」と語った。ただ実現までの協議が長期化する可能性にも言及した。バイデン氏の与党内での調整能力が問われており、成長戦略の実現に向けた重要局面を迎えている。