山口フィナンシャルグループ(FG)は14日、臨時取締役会で新銀行の設立構想を巡り解任した吉村猛前会長グループCEOの取締役辞任を求める勧告を決議した。吉村氏が社内規則に違反するなど、適格性に疑義があるとした。臨時株主総会を年内にも開き、辞任を諮る。吉村氏は辞任に応じるかどうか回答していないという。

 山口FGは14日、新銀行構想に関する調査報告書を発表し、吉村氏に「権限の逸脱があった」と認定した。椋梨敬介社長は山口県下関市で記者会見し「権力が集中したのは企業風土の問題。早急に改善に取り組みたい」と話し、権限集中を防ぐためCEO室を廃止したと明らかにした。