最高裁第3小法廷(戸倉三郎裁判長)は、大阪府寝屋川市の自宅敷地内のプレハブ小屋に長女を約10年間閉じ込め、2017年に33歳で衰弱死させたとして、保護責任者遺棄致死と監禁の罪に問われた父柿元泰孝被告(59)と母由加里被告(56)の上告を棄却する決定をした。12日付。いずれも懲役13年とした一、二審判決が確定する。

 判決によると、07年3月以降、外から施錠した約1畳の部屋に長女愛里さんを閉じ込め、カメラで監視。室温の適切な管理や医師の治療、十分な食事の提供などの保護をせずに放置し、17年12月に低栄養状態で凍死させた。