【台北共同】世界的半導体メーカーの台湾積体電路製造(TSMC)の魏哲家最高経営責任者(CEO)は14日、2022年に日本で新工場の建設に着工し、24年に稼働を開始する方針を明らかにした。半導体の新工場を巡っては、TSMCがソニーグループと共同で熊本県に建設する案が判明している。魏氏は具体的な地名には言及しなかった。

 日本政府は世界的な半導体不足を背景に生産拠点の建設を働き掛けており、TSMCに対し巨額の建設費を支援する可能性もある。魏氏は「日本政府から支援を受ける」と表明した。台湾が本拠のTSMCは半導体製造で世界トップの技術力を持つ。