4球団競合の末、西武にドラフト1位指名された西日本工大の隅田知一郎投手が14日、福岡県苅田町の同大で渡辺ゼネラルマネジャー(GM)らから指名あいさつを受け「1年目から先発ローテーションで1年間回りたい。信頼されるような選手、人間になりたい」と意気込みを語った。

 最速150キロを誇る左腕。「まだまだスタートラインに立ったばかり。一回り大きくなって(春季)キャンプに行きたい」と先を見据えた。渡辺GMは「素朴な青年という感じ」と印象を口にし、「すごく高い確率でローテーションに入ってくるのでは」と期待した。