互いに決め手を欠き、引き分けた。阪神は1―2の四回に坂本の今季初本塁打のソロで同点。その後は二塁を踏めなかった。巨人は菅野が7回2失点と粘ったが、打線が三回以降は振るわず、九回は1死二、三塁を生かせなかった。