九州保健福祉大(宮崎県延岡市)の薬学部の教授にセクハラを受けたとして、元助手の40代女性が損害賠償を求めた訴訟の判決で、宮崎地裁延岡支部は13日「社会通念上許される限度を超え、人格権を違法に侵害した」として、教授と大学側に計約130万円の支払いを命じた。

 判決によると、教授は2016年9月~17年3月、飲み会の席などで女性の体を触ったり、強引にキスしたりした。女性は誰にも相談できない状況が続き、心療内科を受診するようになった。

 大淵茂樹裁判長は、指導教授の機嫌を損なえば不利益な扱いを受けると思い、女性は毅然とした態度を取れなかったと指摘した。