経済産業省が13日発表した11日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、4日時点の前回調査と比べて2円10銭高い162円10銭だった。世界経済の回復に伴う原油価格の高騰が背景にあり、2014年10月の調査以来、7年ぶりの高値を付けた。新型コロナウイルス緊急事態宣言の解除と秋の行楽シーズン到来で人流の活発化が見込まれる中、家計への打撃となりそうだ。

 灯油も6週連続で値上がりし、18リットル当たり31円高い1814円だった。

 ハイオクは1リットル当たり2円10銭高い172円90銭、軽油は2円00銭高い141円90銭だった。