公明党の石井啓一幹事長は12日夜のBSフジ番組で、衆院選広島3区で出馬する斉藤鉄夫国土交通相について、比例代表との重複立候補を検討する考えを明らかにした。「今回は直前まで検討することになる」と述べた。同党の小選挙区候補者は原則として重複しないため、実現すれば異例の対応となる。

 石井氏は参院選広島選挙区の買収事件に触れ「事件の中心地だから全国注目の選挙区でもある。非常に特殊なケースだ」とも語った。