自民党の甘利明幹事長は12日のBSフジ番組で、衆院山口3区の公認争いを巡り、比例代表候補の党内規「73歳定年制」の例外として、同区現職の河村建夫元官房長官(78)を比例転出させる可能性を示唆した。「選挙区調整で定年制の例外をつくることはある。河村氏はお元気だ」と語った。

 同区では、参院議員を辞職した林芳正元文部科学相(60)がくら替え出馬を表明し、河村氏と対立している。