岸田文雄首相は12日、東京都大田区内の子ども食堂を視察し、経済的な困難を抱える人の支援者らと意見交換した。積極展開を宣言している国民との車座対話の第2弾で、「聞く力」をアピール。終了後、記者団に「これから地方に行く機会も増える。車座をはじめ、さまざまな形でいろんな方の声を聞く努力を続けたい」と語った。

 意見交換では、新型コロナウイルス禍でひとり親家庭が受けている影響を支援団体関係者が説明。子どもの貧困問題に官民が連携して取り組む重要性を訴えた。首相は「想像以上に深刻な話だ。簡単な世界でないという感覚を持ち、政策を講じる」と応じた。