経済同友会の桜田謙悟代表幹事は12日の定例記者会見で、財務省の矢野康治事務次官が月刊誌への寄稿で衆院選などに絡む政策論争を「ばらまき合戦のようだ」と批判したことに関し「(内容は)ほぼ100パーセント賛成だ」と語った。

 桜田氏は、事務方トップが財政状況に危機感を表明した点に意義があると説明。一方で、寄稿を読んだ国民が衆院選で「選択する政党、政治家を変えると思わない」とも述べ、与党の一部で上がる不満の声に疑問を呈した。

 さらに、日本が「財政規律を守らない国と思われたときは手遅れだ」と指摘。財政健全化を重視した政策運営が欠かせないとの考えを重ねて示した。