東京・池袋で2019年、乗用車が暴走して母子が死亡、9人が重軽傷を負った事故で、自動車運転処罰法違反の罪に問われ、禁錮5年の実刑判決が確定した飯塚幸三元被告(90)が12日、東京拘置所に収容された。健康状態を確認し、刑務所に入る手続きが進められる。

 元被告は支援者を通じ、初めて過失を認め「判決文を読み、暴走はブレーキとアクセルを間違えた結果だったのだと理解した。過失を反省するため刑に服したい」とのコメントを出した。

 妻と長女を亡くした松永拓也さん(35)もコメントを発表。「真の意味で償える日が来るかどうかは彼次第だと思う」とした。