任期満了に伴う宮城県知事選が14日、告示される。いずれも無所属で、5選を目指す現職村井嘉浩氏(61)と新人の医師長純一氏(55)の2人が立候補を予定、一騎打ちとなる見通しだ。投開票は衆院選と同日の31日。

 4期16年の村井県政への評価が主な争点となる。

 村井氏は自民党県連の支援に加え、全県議の約7割が集まる超党派組織がサポートする。ソフト面での震災復興の重要性を強調。「息の長い支援が必要だ。国に足しげく通い、財源確保を目指す」として、行政の継続を主張する。

 野党系県議の大半や共産党が後押しする長氏は、同県石巻市で被災者医療に従事した。