2013年にいじめ防止対策推進法が成立するきっかけとなった11年の大津市立中2年の男子生徒=当時(13)=の自殺から10年となった11日、生徒の父親(56)らが大津市で記者会見した。父親は今もいじめ自殺が絶えない現状を受け「10年が過ぎても子どもを取り巻く環境にあまり変化がない」として、改正により同法に実効性を持たせる必要があると訴えた。

 父親は準備した書面で自らの考えを説明した。同法は教育上必要な場合、加害者を懲戒処分するよう定めているが、実際は処分されず、被害に遭った子どもが学校に行けなくなったり、転校を余儀なくされるケースがほとんどだと指摘した。