気象庁によると、10日午前9時、太平洋のウェーク島近海で熱帯低気圧が台風19号になった。西寄りに進んだ後、14日ごろに小笠原諸島近海で北東に進路を変え、16日ごろには熱帯低気圧になる見込み。気象庁は周辺を航行する船舶に警戒を呼び掛けた。

 一方、台風17号は10日午後3時、ベトナムで熱帯低気圧に変わった。