連合の芳野友子会長は11日、立憲民主党の枝野幸男代表と就任後初めて国会内で面会した。立民が衆院選で政権交代を実現した場合に共産党が「限定的な閣外からの協力」をするとの両党合意について「連合として閣外協力はあり得ない」と申し入れた。枝野氏は、政権の協力は限られたものになると理解を求めた。

 芳野氏は立民、共産両党の合意を受け、立民候補の陣営で、共産側が独自政策を盛り込ませようとする動きがあると懸念を表明。枝野氏は「連合に迷惑が掛からないようにしていく」と応じた。

 これに先立ち、国民民主党の玉木雄一郎代表とも会った。