大阪府議会は11日、北朝鮮による日本人拉致問題の啓発活動を推進する決議を賛成多数で可決した。政府の拉致問題対策本部によると、拉致問題の啓発を目的とした地方議会の決議は珍しい。政治団体・大阪維新の会や自民、公明両党の3会派などが共同提出した。

 決議には「日本人拉致問題に対する理解を深めるための取り組みを推進する」と明記。横田めぐみさん=失踪当時(13)=の拉致事件を取り上げたアニメ「めぐみ」の上映や、中高生対象の作文コンクールへの参加、拉致問題に関連する書籍の読書を広める方針を掲げた。

 吉村洋文知事は「府立学校では『めぐみ』の上映を徹底させる」と話した。