プロ野球のドラフト会議が11日、東京都内で開かれ、西日本工大の隅田知一郎投手に西武、広島、巨人、ヤクルトの4球団が1位指名で競合し、抽選で西武が交渉権を獲得した。市和歌山高の小園健太投手も2球団が1位指名し、DeNAが阪神との抽選を制し交渉権を得た。

 秋田・ノースアジア大明桜高の風間球打投手はソフトバンク、奈良・天理高の達孝太投手は日本ハム、上武大のブライト健太外野手は中日が単独で1位指名した。楽天は埼玉・昌平高の吉野創士外野手、ロッテは市和歌山高の松川虎生捕手、オリックスは東北福祉大の椋木蓮投手の交渉権を得た。