大阪市都島区のJR京橋駅の高架下に、地元の専門学校生がデザインしたカラフルな壁画が完成し、企画した大阪府警や協力した地元商店会などが11日、披露会を開いた。周辺には歓楽街が広がり、違法な客引きや自転車の放置などの迷惑行為も多い。高架下の薄暗く物寂しい雰囲気を一新させ、犯罪抑止につなげるのが狙い。

 依頼を受けた「大阪デザイナー専門学校」(同市)の学生とプロアーティストら総勢約30人がデザイン。宇宙を背景にクジラや空想上の生物をポップに描いたり、「不思議の国のアリス」に着想を得た世界を表現したりした。

 同校の学生は「明るいイメージを目指した」と話していた。