あしなが育英会で長年、親を亡くした子どもに関する社会調査を担ってきた筑波大名誉教授の副田義也(そえだ・よしや)氏が8日午後10時5分、多臓器不全のため東京都調布市の病院で死去した。86歳。東京都出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長女菜穂子(なほこ)さん。

 専門の社会学的観点からの調査を依頼されたことをきっかけに、遺児問題を半世紀にわたって訴えた。また、漫画評論の草分けとしても知られ、社会学の視点から学術的に分析した。

 主な著作は「あしなが運動と玉井義臣」、「内務省の社会史」、「マンガ文化」など。