【シドニー共同】オーストラリアのシドニー都市圏で導入されていた新型コロナ対策のロックダウン(都市封鎖)が11日、約3カ月半ぶりに解除された。地元の東部ニューサウスウェールズ州当局は、当初目指していた感染ゼロを断念。州内の16歳以上のワクチン完全接種率が70%に達したのを受け、経済再開に踏み切った。

 同州はこの日、感染者496人と死者8人を確認。新型コロナを制圧できないまま都市封鎖を解除するオーストラリアで初めての地域となった。

 一方、新規感染をほぼゼロに抑え込んでいる東部ブリスベンや西部パースなどがある一部の州政府はシドニーとの往来を今後も拒否する方針。