【バグダッド共同】イラクで10日、3年ぶりに国会(定数329)の総選挙が行われ、即日開票が始まった。過激派組織「イスラム国」(IS)との戦闘で疲弊した産油国の再建に向けた重要な選挙。第1勢力の維持を狙う反米強硬のイスラム教シーア派指導者サドル師派が優勢とみられている。単独過半数を確保する勢力はない見通しで、次期政権樹立に向けては連立交渉が焦点となる。

 国営通信によると、暫定の投票率は約41%で、現行憲法下で行われた計5回の総選挙で最低。選管は11日中にも暫定開票結果を発表する予定。

 2014年からイラク駐留を再開していた米軍は、年内に戦闘任務を終える。