愛知県が定める毎月11日の「横断歩道の日」に合わせ、南知多ビーチランド(美浜町)で11日、アシカが“手”を上げて園内の横断歩道を渡るパフォーマンスを披露した。来園者に手上げ横断の重要性を周知するのが狙い。

 横断歩道や標識が設けられたステージに登場したのは、雄のハヤト。右の前脚を上げると、ペンギンを乗せて飼育員が押すカートが一時停止。渡りきったハヤトが深々とお辞儀をすると、観客から大きな拍手が湧いた。

 2歳の双子の娘ら家族6人で訪れた同県小牧市の主婦堀井奈々さん(35)は「動物で啓発をするのは分かりやすい。大人も気を付けたい」と話した。