岸田文雄首相は岩手、宮城、福島3県の東日本大震災被災地を16、17両日に視察する方向で調整に入った。事故を起こした東京電力福島第1原発も訪れる見通し。複数の政府関係者が10日、明らかにした。首相の東北訪問は就任後初めて。

 関係者によると、首相は16日に岩手、宮城両県を訪れ、復興状況などについて地元自治体から説明を受ける。17日は福島県入り。福島第1原発の処理水や廃炉作業の現状を把握したい考えだ。