【ソウル共同】韓国の与党「共に民主党」は10日、来年3月の大統領選の公認候補を決める予備選の結果、李在明・京畿道知事を選出した。与党内で文在寅大統領と距離がある李在明氏は「非主流」を自認していたが、予備選で李洛淵元首相ら他候補を引き離し求心力を高めた。大統領選に向けて挙党態勢を組み、革新政権の継承を目指す方針。

 李在明氏を巡っては、京畿道・城南市長時代の都市開発事業で、参加業者が出資額をはるかに上回る利益を得ていた問題が浮上。検察が業者側の捜査に着手した。