【ワシントン共同】トランプ前米大統領(共和党)は9日、中西部アイオワ州で支持者集会を開いた。大統領選に向け各党の候補者指名争いの初戦となる党員集会が開催される重要州。2024年の次回大統領選をにらんで共和党有力者らが相次いで同州入りする中、再出馬への意欲を示すトランプ氏は、党内の影響力を維持すべく存在感誇示を図った。

 トランプ氏は州都デモインで「ジョー・バイデン(大統領)は中国に雇用を、(イスラム主義組織)タリバンにはアフガニスタンを奪われるなど、米国に破滅をもたらしている」と批判。「米国を再び偉大にする」と強調したが、再出馬への直接の言及はなかった。