【モスクワ共同】インタファクス通信によると、ロシア南部オレンブルク州で人体に有害なメタノール入りの密造酒を飲んだ住民54人が中毒症状を起こし、9日までに30人が死亡した。捜査当局は販売に関わった疑いで9人を拘束した。

 密造酒販売が発覚したのは今月7日。犠牲者の体内からは致死量の3~5倍のメタノールが検出されたという。