新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除された大阪府では1日夜、大阪市浪速区の観光名所・通天閣と吹田市の万博記念公園にある太陽の塔が黄色にライトアップされた。府が感染状況を判断する独自基準「大阪モデル」を非常事態を表す赤信号から警戒の黄信号に引き下げたため。繁華街では久々に飲食店に繰り出す人の姿が見られた。

 府は感染対策の認証店には午後8時半までの酒類の提供と、午後9時までの営業を認める。ライトアップは7日まで続け、同時刻に合わせて消灯して帰宅を促す。

 吉村洋文知事は「信号は緑色にはなっておらず、まだ黄色。感染対策の徹底をお願いしたい」と呼び掛けている。