三菱電機は1日、鉄道車両用機器などの検査不正を受けて、柵山正樹会長が同日付で辞任したと発表した。不正を防げなかった責任を取る。経団連副会長も退任した。三菱電機は杉山武史前社長も7月に引責辞任しており、両トップの辞任に発展した。外部有識者による調査委員会は報告書を同日公表し、工場単位で「内向きな組織風土」が存在し、本社と距離があったと背景を分析した。

 漆間啓社長は東京都内の本社で記者会見を開き「多大なる迷惑をおかけしたことを深くおわびする」と陳謝した。柵山氏も同席し「最も大きな課題は経営層と現場の断絶だ。心から責任を痛感している」と述べた。