【ストックホルム共同】7日発表のノーベル文学賞受賞者を予想する英ブックメーカー(賭け屋)のオッズで、作家村上春樹さんが最上位グループの6人に入った。賭けのリストに名はないが、日本人作家で有力候補とされる多和田葉子さんも注目される。

 大手ブックメーカー、ラドブロークスの1日時点のオッズをまとめたサイトで、村上さんとケニア出身の作家グギ・ワ・ジオンゴさん、カナダの女性詩人アン・カーソンさん、ロシアの女性作家リュドミラ・ウリツカヤさんら計6人がトップタイだった。

 例年、6人はいずれも最有力候補に挙げられている。