大型で強い台風16号の影響で1日は伊豆諸島や東日本の太平洋側沿岸で天気が荒れた。強風による転倒が相次ぎ、大雨による住宅浸水も起きた。東北の太平洋側は2日明け方にかけて暴風が続く見通しで、気象庁は災害に警戒を呼び掛けた。2日夜には日本の東で温帯低気圧に変わる見込み。

 神奈川県によると、藤沢市と厚木市で70~90代の男女4人が転び、軽傷を負った。千葉県によると、いすみ市で佐室川が越水し、市は大雨・洪水警戒レベルで最も切迫度が高い5の「緊急安全確保」を出した。住宅1棟が床上浸水。一宮町では中学校の屋根が壊れた。

 日航は100便以上を欠航とした。