外務省幹部は1日、アフガニスタンから退避した国際協力機構(JICA)同国事務所の現地職員ら約30人が、同日中に日本に到着するとの見通しを明らかにした。

 職員らはアフガンから近隣国に逃れた後、日本政府から査証(ビザ)発給や航空券手配などの支援を受けたとみられる。

 アフガン関係者の退避を巡っては、9月30日にもJICA職員ら16人が日本に到着。3家族15人と日本の大学に在籍している留学生1人で、9月上旬から中旬に近隣国に退避し、日本への入国を希望していた。