河野太郎行政改革担当相は1日の記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの接種率を巡り「全国民の80%くらいは達成できそうな気がする」との認識を表明した。10月中は1日平均80万回の接種ペースになるとの見通しも示した。

 9月30日時点で2回接種を終えたのは国民の59・3%に当たる約7500万人だった。河野氏は接種率のさらなる引き上げに向けて、若年世代への普及が必要だと強調した。