加藤勝信官房長官は1日の記者会見で、日本学術会議が推薦した会員候補6人の任命を菅義偉首相が拒否した問題を巡り「首相が最終判断したものであり、一連の手続きは既に終了している」との認識を重ねて示した。学術会議の梶田隆章会長が次の首相にも6人の任命を求める考えを示したことに関して述べた。

 今後の日本学術会議の在り方については「政府と梶田氏との間でコミュニケーションを図りながら検討が進められている」と語った。