【ロサンゼルス共同】米ウォルト・ディズニーと俳優のスカーレット・ヨハンソンさんは9月30日、映画「ブラック・ウィドウ」の動画配信を巡る訴訟で和解したことを明らかにした。米メディアが伝えた。和解内容は明らかにされていない。

 主演したヨハンソンさんが7月、劇場公開と同時に動画配信サービス「ディズニープラス」で配信したのは契約違反だとしてロサンゼルスの裁判所に提訴していた。

 米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、ヨハンソンさんは出演料とは別に約8千万ドル(約89億円)の支払いをディズニーに求めていたとされる。