台風専門の総合研究機関「台風科学技術研究センター」が1日、全国で初めて横浜国大に開設された。台風は発生・発達のメカニズムなど分かっていないことが多い。専門性や産官学の垣根を越えて研究者らが所属し、新たな知見を共有しながら防災・減災を目指す。

 センター長には同大の筆保弘徳教授(気象学)が就任。メンバーには航空機で台風の目に大量の氷を投下するなどして勢力を弱めるとともに、無人運航型の風力発電船で台風の風をエネルギーに変えて利用する産学合同研究「タイフーンショット」計画に携わる人もいる。