【ロンドン共同】ロンドンの裁判所は9月30日、新型コロナウイルス対策でのロックダウン(都市封鎖)中に外出した英国人女性(33)に対する誘拐、性的暴行、殺人の罪に問われた当時現職だった英国の元警察官(48)に、仮釈放なしの終身禁錮刑を言い渡した。裁判長は「現職警察官としての立場を悪用」したことに疑いの余地はないと述べ、罪の重大性を強調した。

 判決によると、元警察官は3月3日、道路脇で女性を引き留め、手錠を掛け逮捕すると見せかけて誘拐、その後、性的暴行を加え絞殺した。裁判長は、女性を拘束する際、新型コロナ規制違反を口実にした「可能性が高い」と指摘した。